2006年03月26日

『NoGaDa ノガダ/土方』上映会

> ドキュメンタリー映画『ノガダ/土方』上映会のお知らせ
>
> 「ノガダ」は日本語で土方だ。
> 日本の植民地支配を受けた時から
> 今も工事現場で肉体労働する人を指す言葉だ。
> 私の父は建築現場で働く型枠大工だが
> 現場ではノガダと呼ばれる。
> 外為危機がはじまった1997年冬、
> 私の父は、すぐ生活危機に直面した。
> 父は、家を出て野宿者になると言い出した。
> 私はショックを受け、
> このドキュメンタリーを撮り始めた――
> (映画ナレーションより)
>
>  昨年の釜山国際映画祭とソウル国際労働映画祭に出品されたドキュメンタリー映画『NoGaDa ノガダ/土方』(2005年/韓国/89分/キム・ミレ監督)の日本語版が完成したことを受けて、監督を招待し、全国各地で上映会を開催します。
>
>  1997年のIMF統制下により韓国では未曾有の大失業時代が到来し、特に公共工事の規制は「現代グループ」などゼネコンを頂点とする重層的下請け構造の最下層にいる建設日雇労働者を失業・野宿へと追い込みました。日帝の植民地支配によって持ち込まれた元請・下請け制度や手配師・人夫出し等の建設労務システムという鉄鎖に苦闘する日韓の労働者。
>
>  民主労総や女性労働者の闘いを映画化してきたキム・ミレ監督が日雇労働者を父に持つ実体験を手がかりに、韓国の日雇・移住労働者の労働現場の問題や争議、日本の朝日建設争議や野宿者問題等の日雇・野宿者運動の闘いや課題を、日韓をつらぬくものとして描き出しています。
>
>  この映画を多くの野宿者・労働者・市民のみなさんに観ていただきたいと考え、私たちは各地での連続上映会を企画しました。3月24日の大阪・釜ヶ崎での上映会を皮切りに、東京(3月25日)、横浜(3月26日)、名古屋(3月27,28日)、京都(3月31日)、大阪(3月29日,4月1,2日)で順次開催する予定です。
> ぜひご参加ください。
>
>
> 『NoGaDa ノガダ/土方』上映会
>
> ■呼びかけ■
> 日雇全協/グローバリゼーションを考える日雇・野宿者運動準備会
>
> ■主催■
> 「ノガダ/土方」上映実行委員会
> nogada@labornetjp.org
> http://www.labornetjp.org/Members/yukihiro/nogada
>
> ※下記のサイトでも関連情報を提供中
> http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/misc/munhwa/
>
> ■問い合わせ■
> 東京上映実:
> 山谷労働者福祉会館
> 〒111 東京都台東区日本堤 1-25-11
> 電話:090-1429-9485(荒木)、FAX:03-3876-7073、
> e-mail:san-ya@jca.apc.org
>
> 横浜上映実:
> 寿日雇労働者組合(鹿児島)
> 〒231-0026 横浜市中区寿町4-13-1 寿町内会館2階 
> 電話:045-662-5638
>
> 名古屋上映実
> 笹島日雇労働組合
> 〒453-0014 名古屋市中村区則武2-8-13 笹島労働者会館2F
> 電話:052-451-4176
>
> 大阪上映実
> 090-9700-0296
> 06-6374-2233(FAX)
> kamapat@infoseek.jp (釜ヶ崎パトロールの会)
>
> 京都上映実
> 090-8480-3711(きむら/きょうと夜まわりの会)
> 090-8380-0269(内山/釜ヶ崎パトロールの会)
>
> ■上映会スケジュール■
> 3/23(木) キム・ミレ監督来日
> 3/24(金) 18:00 釜ヶ崎・三角公園(雨天:西成市民館)
> 3/25(土) 12:00 山谷・清川出張所
>       18:00 文京シビックセンター 4階 シルバーホール(★)
> 3/26(日) 13:30 横浜・寿生活館 2階
> 3/27(月) 19:00 名古屋・栄、炊き出し会場(若宮大通り高架下)
> 3/28(火) 18:00 愛知県中小企業センター 4階(★)
> 3/29(水) 14:00 大阪・西成市民館大集会室
> 3/31(金) 12:30 京都・三条カトリック教会
>       18:30 喫茶店・のん
> 4/1(土)  13:00 エルおおさか 7階 709号室(★)
> 4/2(日)  18:00 扇町公園上映会(予定)
> 4/3(月)  キム・ミレ監督離日
>
> (★)のついた3ヶ所での上映会は、大会場での屋内上映会です。
> 参加者には上映資料パンフレットを配布します。
> 資料代込みで1,200円のカンパをお願いいたします。
>
> 【資料内容】
> 監督からのメッセージ/監督紹介/映画あらすじ/全国建設産業労
> 働組合連盟からのアピール/日韓の建設労働における就労システム
> /朝日建設争議/日韓の野宿労働者問題/韓国独立映画の流れと
> 「ノガダ/土方」の位置/各地上映実紹介/「ノガダ/土方」のタ
> イトルをめぐってetc
>
> (以上)
posted by K.M. at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | イベント情報 | #
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


Excerpt: 出張出張(しゅっちょう)とは、主に一定の工場・事務所で労働している労働者が他の場所に出向く労働行為を指す。また、商社の営業職など、主に外部からの注文を受ける職種などで一定の地域等を受け持つ形で労働して..
Weblog: 『労働』の知識
Tracked: 2007-09-29 07:02