2007年05月10日

ADB京都総会を2倍楽しむ方法(1)

新連載企画?です。
既にいろいろな方が論じられ、物議を醸し出しているこのテーマ。

あれこれタイトルも考えてみたのですが
例えば「ADB京都総会の陰で糸を引く女」とか(笑)
「1人2役」を演じただとか、二律背反だとかそれこそ二重スパイだとか(笑)
あんまり物々しいものにするとますます自分自身が凹むなぁ…
ということで、ヘビーさを微塵も感じさせない軽いものに(笑)。
何だか西川貴教さん主演のミュージカルのタイトルみたくなりました(笑)。

ここまで書いていて何のことやらまったく判らないと思うので
今回はまず私がどんな立場にいたかの紹介を中心に書きます。

続きを読む
 

2007年02月16日

ODAが現地で現金ばら撒き

ODA事業を説明するため現地のインドネシアで開かれた記者会見で
現地の記者に現金入りの封筒が配られていたそうです。

ニュース記事は↓
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2007021400189&genre=E1&area=Z10&mp=

記者会見の準備をしたのは日系の広告会社だそうですが
もしかすると、「現地の文化ではそうする習慣らしい」との「配慮」だった
と百歩譲って解釈したとしても、汚職一掃に現政権が取り組んでいる中で、
日本のODAが率先して?こんな真似をしては目も当てられない
といったところでしょうか。

ニュース記事原文
 

2007年01月11日

フィリピンでの活動家殺害に日系企業が関連??

以下、転送メールですが
その情報の中に、フィリピンにある日系企業の労働組合の幹部が射殺されたということが載っています。
これが日本のODAによって現地で事業を行っている企業で
日本のODAが間接的にせよこの事件に関与しているとしたら・・・

民主主義を標榜する国で、自らの活動・発言によりその命を奪われることは
民主主義はあってないようなものだということに他なりません。
遠い国の他人事ではなく・・・
透明な人道援助が望まれるところです。


続きを読む
 

2006年12月08日

【日比EPA市民団体共同声明】日本政府は廃棄物の「国内処理原則」を守り資源循環に名を借りた「途上国への輸出」戦略を止めるべき

> 12月6日、参議院本会議で日比EPA(経済連携協定)批准案採決が行われ、
> 賛成多数で可決しましたが、これに対して以下9市民団体が共同声明を発し
> ました。本日から安倍首相がASEANサミット関連の一連の会合に参加する
> ために訪比、アロヨ大統領との日比首脳会談も予定されていますが、
> フィリピン上院での同協定批准論議は難航しており、こうした問題点に
> ついての徹底解明が求められています。

> 「『日比友好50周年』を問い直す市民・NGOのつどい」実行委員会
> http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/50/index.html
> 日・フィリピン経済連携協定(JPEPA)問題
> http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/jpepa/index.html
>
続きを読む
 

2006年08月19日

番外編:iPodを作る中国の工場で過酷な労働

しばらくお休みしてました。
忙しい…のもありましたが、「ブログ執筆」モードじゃなくなりつつあるこの頃(笑)。
そう考えると昨年は時間があったということ…?
いや時間の使い方の質が変わったんですね(笑)。

無駄話はさておき(笑)
久々に記事に目が留まったので、そう思ったときに書いておかないと
多分そのまま更新しないままだと思って書いてみます。

日本でも大人気のiPod、これがどこで作られているのか…?
と…価格商戦からも察しがつく通り、中国のようです。
それがどんな労働環境で作られているか、考えてみたことはありますか?

今日はそんなiPodが、法律の規定を超える長時間労働で作られていた
というニュースを見たので英語の記事も合わせ、お伝えします。

続きを読む
 

2006年03月27日

読んではいないけど…「東西逆転」

 

2006年02月25日

金融というカラクリ

今まで私は「お金」というものにすごく疎かったです。
ただ無駄にお金は使わないというケチなだけで(笑)
銀行や郵便局も、預金するため、預ければ利子がついて返ってくる、
それぐらいの機能しか把握していませんでした。

大学の学部は「国際総合学部」という、
よくある体良い何でもありの学部で(笑)ビジネスもその1分野で
必修科目の1つで「経済学入門」をA(優)で突破したものの
それが自分の生活にどう見えてくるか、落ちてくるか、
そんなものは見当がつかなかったし
就職活動のときも国際協力銀行(JBIC、なくなっちゃうんですねぇ)
受けてみたもののそれは純粋に国際協力への関心からで、
金融という巨大な怪物を、私は全く把握していませんでした。

ただ、これを書いている今、私は金融という大きなカラクリに
その正体を見切れていないまま、少なからぬ不安や危機感を抱いています。

続きを読む
 

2005年10月13日

ブランドと搾取労働

一般的にブランドというのは「安心印」というか
それだけで信頼がある、という理由で商品を買っていく人が多いと思います。

だから「まさか」と思いますよね、私だって半信半疑ですが
世界的に有名なブランドメーカーが発展途上国で児童労働で製品を作らせたり
不当に労働者を酷使し、それに抗議する労働組合の中心的な人物を弾圧したり
なんてことをしているなんて情報を聞くと…。

続きを読む
 

2005年07月01日

「グローバリゼーション、農業と貧困削減」

先日、こんなセミナーに顔だけ出してきました。

> 名古屋大学GSID 特別セミナー
>
> タイトル: Globalisation, Farming and Poverty Reduction
> 講演者: John Humphrey, Professorial Fellow at the Institute of Development Studies in UK
> 日時: 6月29日、1時から2時半
> 場所: 名古屋大学大学院国際開発研究科、第三講義室(6階)
> 言語: 英語
>
> ジョン・ハンフリー教授は、英国にある開発研究所 (Institute of Development Studies)で、グローバリゼーション研究チームのリーダーを務めています。開発途上国における産業クラスターや、農産物貿易におけるバリュー・チェーンとその貧困削減への影響などについて幅広く研究しており、世界的に高い評価を受けています。


続きを読む